読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Red/島本理生

 

Red

Red

 

 

発売日に買ってたんだけどこの夏ようやくきちんと最後まで読んだ。

1/3くらい読んで苦しくなってやめてたので、また始めから。

誰かとわかりあうことを諦めないで生きることを選べることって、すごく難しいよなぁというようなことを思った。私には選べないやり方だなと思うけど、年甲斐もなく乙女みたいなことを言わせて頂くなら、そんな風に思える相手と知り合うことが出来たらいいな、とは思うよね。