読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞘師里保さんが卒業した。

おんなのこ アイドル

ホールラスト、武道館、クリスマスイベ、ソロライブに足を運んで、大晦日のカウコンはライブビューイングで見て、だいたいの会場でボロボロに泣いた日々だった。
なんでそんなに泣いたのかいま思い返すと自分でもよく分からない。ただその時は胸がいっぱいになって本当にとにかくただただ泣けた。
突然の卒業発表からたった2ヶ月で鞘師さんはモーニング娘。じゃなくなってしまった。早かったなぁ。

ホールラスト

ホールラストの仙台の昼公演、「私の何にもわかっちゃない」の1番でまさかの「あぁ、女なら感覚で分かるだろう」のパートをすっ飛ばしてしまい、頭を抱えて最後なのに…!って反省する鞘師さん、可愛かったなぁ。
あゆみんも感極まっていて、アンコール後の凱旋挨拶のあとに鞘師さんを引っ張り出してくれたこと、本当に嬉しかった。
鞘師さんは遠慮しきりで、でもどこか嬉しそうで、あぁ見に来てよかったなぁとしみじみ思った。
最後だと思うとボロボロに泣けて、まーちゃんが泣いてるのを見てもらい泣きして、あゆみんが泣いてるのを見てやっぱりもらい泣きした。

武道館

今ツアー初めて友人と連番。どうも1人のほうが感情の高ぶりを抑えることが出来ないみたいて、この2日はそこまで泣かなかった。
初めて聞く冷たい風と片想いと、エンドレススカイが本当に素晴らしい曲で嬉しかった。
冷たい風と片想いは紛れもなく鞘師さんのための曲だったし、エンドレススカイは鞘師さんの卒業に寄せたモーニング娘。の曲だった。私はやっぱりつんくの曲が好きだなーと思った。
9期の4人がドレスで並んで歌っている姿を見られて嬉しかったな。
最後の武道館の日、えりぽんが鞘師さんを引き寄せ、頭を撫で笑いあってくれていて、あぁえりぽんが9期で良かったなぁとしみじみした。9期があの4人で良かった、私は9期が大好きだ。

ソロライブ

ドアタマでステーシーズの「キマグレ絶望アリガトウ」を歌われて、語弊を恐れずに言うけれど心底死にたくなった。コンサート中に辛くて辛くて逃げ出したくなったのは初めてだった。
その前日に、大きなコンサートの前にはいつも体調を崩していた話を目にしていて、ソロライブという鞘師さんしかいないそのプレッシャーの大きい状況に鞘師さんが置かれていることが辛かったし、色々と自分がセンシティブになり過ぎてたんだと思う。
アイドルの子たちは往々にして「ファンの皆さんがいたから今日までやってこれた」と言うようなことを言うと思うんだけど、「キマグレ絶望アリガトウ」を聞いていて私は唐突に「ファンがいたからここまで続けてしまった」可能性について考えてしまった。
どう考えても鞘師さんがそんなことを考えて曲を選ぶ訳ないんだけど、あの時私は「鞘師さんはどうして卒業してしまうのか、鞘師さんにとってモーニング娘。とは何だったのか?」という事をひたすら悶々と考えていたから、そういうことを考えてしまったんだと思う。
私はやっぱり冷たい風と片想いは鞘師ソロがよかった!という気持ちが拭いきれなかったんだけど、鞘師さんの口から「私のソロだとCDが発売して2日で歌えなくなっちゃうのが嫌で、歌い継いでほしいから全員で歌うことにした」という趣旨の事がきけて納得できたのは良かった。
まじスカで会場を駆け回りながら歌う鞘師さんを見ていると、二階から楽しそうに見ている愛ちゃんの姿が見えて、とても嬉しかった。

カウコン

本音を言えば娘。現メン全員からの一言が欲しかったし、それが武道館2日目の締めの挨拶で代替されてしまったことに関しては今も全然まったく納得してない!ということだけは書いておく。
でも鞘師さんの手紙はあからさまに鞘師さんらしい内容で笑ってしまった。ちょっとズレてるというか。でもそんな鞘師さんが私は好きだなぁとしみじみした。
鞘師さんが目標だったリーダーにならないまま卒業してしまう事がすこし寂しかったんだけど、リーダーという役割を与えられなくても、鞘師さんはその役割をもう担っていたんだなと思った。
最後に歌う曲、鞘師さんの選曲のセンスはあんまり期待してなかったし、そもそも鞘師さんに縁のある曲をみんなで歌うだなんて思っていなかったので、嬉しかったなぁ。
明るい曲で終わってくれたので寂しいだけじゃなく見る事ができた気がしてる。



それで、年が明けてぼんやりとガルライを見たりはしてたんだけど、レコーダーの整理を兼ねて2012年くらいの映像やさゆ卒コンを見ていたら、とにかく鞘師さんの表情が無邪気で無邪気で胸にくるものがありすぎた。
もう随分こんな表情みてない!と心底思ったし、そう思うと卒業は良かったのかもしれない。というか良いものでなければ困るのですが。
私は毎年鞘師さんの写真集を見て、「あぁ鞘師さんの少女性が今年もすこしずつ失われている」と思っていたんですが、少女性だけではないものも減っていたんだよなぁ。当たり前だけど。
2016年の鞘師さんがぐっすり眠り、健康で無邪気に笑える日々を過ごせることを願います。
私は今年も鞘師推しだと思います。ちょっと今のところ推し変はできないかな!鞘師さんより魅力的なアイドルに出会える気がしないです。
でもモーニング娘。のことはやっぱり好きだから、今年も現場には足を運ぶと思う。運びたい。運びます。