読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯医者に行った話。

ひかるくん 日記
年末なので歯医者に行った話と、ひかるくんが好きな話。
一昨日くらいに奥歯が欠けて、詰め物がとれたのかな?と思い。春先「歯医者にいかねば!」と思ったものの怖すぎて放置してたのをようやく。
そもそも昨日は朝からお出かけしてて。昼過ぎに国技館に向かうお友達と別れたあと、いい加減もう一台の携帯を解約せねば!と思いたって携帯ショップへ。携帯の解約ってあんなにあっさりさっぱりしてるのね。理由もきかれないの!
で、あっさりさっぱり解約を終えて、いつもと違う道で帰宅しようとしたら、歯医者さんが目に飛び込んできたのだった。
お家の近くで評判の良い歯医者さんは調べてて、でもいつも通る道じゃないから具体的な場所は知らなくて、初めて出会った。診療時間いける、お財布も保険証も持ってる、時間もまだ夕方。これは神様の思し召しなのだ!と得意の運命論を振りかざしてドアをあけた。
予約をしていないこと、奥歯の詰め物が欠けたかもしれないことを伝えて、今から診てもらえますか?ときいたら大丈夫だった。
半年前違う歯医者さんでは完全予約制だから今日は無理。って言われたからね。診てもらえるってことはやっぱり今日診てもらえってことなんだ、私の中では。タイミングの妙。
うん年ぶりの歯医者なので超こわかった。そして奥歯は詰め物じゃなくて歯が欠けてた上になんと親知らずだった。レントゲンとって、その虫歯になってる親知らずを抜くことに。良い年をして、こわすぎて嫌すぎて泣くとこだった。年内は無理だから年明けに、と。
せっかく勇気を出して歯医者にきたのだからちゃんと治療しよう!と、その心が変わらないうちに予約もしてきた。ずいぶん先になってしまったけど…はー、やだなぁ。こわいなぁ。憂鬱すぎたので歯医者を出るなり母に電話して「嫌なんだけど!怖いんだけど!」って愚痴りました。母はずっと歯医者に行け行けと言っていたので、私が歯医者に行ったことにほっとしてた。
抜歯を抜糸と勘違いして受付でとんちんなんなやりとりなどもしたけれど、とりあえずやらねばと思ってたことはだいたい終わった気がする。歯医者はたぶんしばらく通うけどね。じぶんへのご褒美考えておこう。

さいきんはアニヲタらしい生活をしてたのに先週横アリでひかるくんをみたら心臓わしづかみ。つまさきからてっぺんまで「ひかるくん好き」しかない感じを体感してしまって、本当にまさに「夢中」だった。好きしかなくて頭を抱えて、幸福しかなくて絶望のあまり溜息が出た。ひかるくんはすごいなぁ。