読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴかんちはーふ

アイドル
ピカンチハーフを見てきたよ。
ピカンチも、ピカンチダブルも上映時に見て、そしてまたこのシリーズを大きなスクリーンで見るなんて思わなかったなぁ。そもそもまだ嵐を好きでいる予定は特になかった。
15年前から、上がり下がりはあっても、ずっと好きで今を迎えてるんだから、それだけで嵐ってすごいなぁとおもいます。
映画の中身はまぁうんうん、って感じで、でもみんなが昔を振り返って今の話をする。10代と20代の始めを共に過ごした仲間と、歳をとって疎遠になって、きっかけがあってようやくまた揃える人間だけが揃って、ビールを飲みながら居酒屋で今の話と昔の話をする、そのシチュエーションだけでもう!もうおなかいっぱいだった。
15年前から嵐を好きな私も大人になって、だからピカンチの時系列と一緒に歳をとってる。ピカンチをみたときのこと、ピカンチダブルをみたときのこと、その間のこと、思い出すことがたくさんあって、昔話をしてるみたいな懐かしいきもちでいっぱいになった。
15年をふんわりふりかえる、いい企画だったとおもいます。人生に対する感覚が歳をとって、今は「人生ハード、たぶんハッピー」いいとおもいます。だけどって言える青さも、だからって言える無敵さもないかもしれないけど、笑いあえる仲間がいるのってきっとハッピーだ。それを笑って見ていられるわたしもきっと。そういうきもちになりました。
15年ずっとあなたたちを好きで、ハッピーだ。これは多分じゃないよ。