ぼんやり

なんとなくぼんやりと、お試しで頼んだおせんべいを黙々と食べながら、スマホでゲームをやりながら、仕事をしながら、橋本奈々未さんのことを考えている。

 

最後まで凛々しく、誠実で、かっこよくて聡明で、愛に溢れた実直な人だった。

何度も何度も口にされる「さようなら」に、その度悲しく、寂しくなった。

でもたぶん、その寂しさや悲しさが、彼女が終わることへの心の準備になってたんだろうな、とおもう。

くどいけど彼女はいつだって私達に対して、真摯で誠実だった。頑固で、狡いことも嘘も嫌いで、だからよく怒ってたし悲しんでたイメージも強い。

  

これからの生き方について、ここ1〜2年はたくさん考えていて、だからこの卒業も、私のこれからに影響を与えているんだろう。そう思うと、アイドルってやっぱり凄い、と思う。
でもこれから先をどう生きようとも、乃木坂46橋本奈々未さんに出会って、ファンになれて良かったなって思い続けると思う。
奈々未さんを信頼してるし尊敬しているし、自慢の推しだと思っている。たくさんのありがとう。奈々未さんこれからも幸福に、健やかに生きてね。

2015年の10月29日鞘師里保さんがモーニング娘。を卒業を発表して12月31日に卒業した。そこから一年も経っていない2016年の10月20日に橋本奈々未さんが卒業を発表して、2017年2月24日に本当に最後のモバメを貰った。

例えばその間が11カ月足らずじゃなくて、1年半・2年とか経ってたら今わたしを襲っている気持ちもまたかたちを変えたのかもしれない。

橋本奈々未さんが卒業してから、憑き物が落ちたみたいに、執着が減った、と思う。

どういう気持ちの流れなのか正直自分でもよく分かってないし、清々しい気持ちのつもりでいるけれど、深層心理の強がりで寂しさからそういう風に思おうとしているのかもしれない。でも今、びっくりするほど自担や推しへの激しい執着がなくて、少し戸惑ってる。

 

今までずっと、あらゆる自分のモチベーションの根源に「現場」があったのに、それが忽然と消えてしまった気がしているんです。

私はこれから、どう生きるのかな。

今年の1月に読んだこの本を、もう一度読もうかな。

 

 私がもし子供を持つことがあれば、子供が手を出す本棚に絶対に入れておきたいと思う、大切な一冊です。学生の間に読みたかった気がするけれど、今読んだからこそいいのかもしれない、とも思う。



 

リフレッシュ

今日はAMに試験を受けた。

「やらねば!」という気持ちだけがここ1カ月ずっとあって、でもうまくやれなくて落ち込む、をワンセットに何度も繰り返していた。でも休んでリフレッシュしようにも試験は迫ってるからやらねば!という、どうしようもない感じになってた。

昨日はもうやだなーという気持ちが大きくて、予定があるのと勉強しようというのとで取った休みだったんだけど、結果勉強はしなかった。

小顔矯正行って、美味しいランチ食べて、推しを見て、友達とご飯食べて終わり。

朝起きて試験受けに行って、思ってたよりはできて、でもたぶん落ちたけど、半年後また頑張ろうと思えている。

 

今まではやれと言われるから仕方なく試験を受けに行く、嫌々だから勉強もあんまりしてない、もちろん落ちる。みたいな感じだったんだけど、色々と考えた今は「利用できるものはしてやろう」という気持ちがある。

それで参考書を読み耽っていると、実務と照らし合わせられる知識や、今まではルーチンとしてやってたことの意味とか意義を改めて認識できて、いい機会だな、と思えた。

だから正直、そう思えてしまったからまぁいいじゃんという自分に甘い気持ちもあるし、でもせっかくお高い参考書を買ったのだから明示的な何かを得たいじゃん!という気持ちもある。今回は前者で自分を許して、半年後にまた受けて後者を達成したいな。

私は自分が何かに秀でているとはやっぱり思わないけれど、少しでも自分の中で、自分の好きなところや認めてあげられる部分を増やしていきたい。

 

 

それで無事試験を終えて、定食を食べて帰宅してからは、ひたすらホットカーペットの上でごろごろしたりうたた寝したりしていた。久しぶりに何かをやらねばという気持ちなくダラダラしたらなんだか心がリフレッシュされたので、良い休日になりましたという日記でした。

 

ハッピーエンドって何だろう。-溺れるナイフを見たよ

山戸監督の映画を初めて見たのは、東京女子流主演の「五つ数えれば君の夢」で、きらめきや透明感、危うさやもどかしさ脆さ、そういう女の子の全てのかけらが切り取られて映像化されたみたいな映画で、凄い映画を作るひとだなぁと思った。幻想的でつくりものみたいだけど、その中にいる女の子たちはひとりひとりちゃんと現実にいる女の子のようで、その境目の曖昧に思わせてくれるところがとても好きだなと思った。

溺れるナイフはだから、すだくん(スキ!)と山戸監督と言うだけで、ずっとずっと楽しみにしていた映画でした。

以下はネタバレに配慮しない感想と、映画を観終わってからとりとめもなくぐだぐだと考えていることをざっくり私の気持ちのメモとして書きます。

と思ったんですけど、パンフ読んだら最高という気持ちが破裂したので、多分尻切れトンボです。ばばみのある表現ですみません。

続きを読む

寒すぎ

寒くて寒くてたまらないんだけど、暖房をつけるには早くない?

コートを着るのは12月から、って思ってるんだけど、もう着てもよくない?

そういう気持ちになる。

 

朝、玄関を出ると空気が冷たくてキンとしていてしっとりしていて、雨が降りそうだなーと思ったのに傘を持たずに会社へ。

昼休み、弁当をサボったので外ランチにしようと社外に出たらちょーーーーーさむい。あったかいうどんを食べに行ったよね。私、おうどんは関西風の出汁じゃなきゃ嫌です。おうどんの出汁を飲むためにうどん食べてるみたいなとこある。

 

で、帰りもまぁもちろん雨。駅のパン屋さんでメロンパンにクリームが挟まったやつを明日の朝ごはん♡と思って購入して外に出てもまだ雨。

そしてそのまま濡れて帰ったら思ったより濡れた。

傘が嫌いだし傘を買うのはもっと嫌いです。

日付変わった瞬間販売の舞台挨拶のチケットを友人がとってくれたのでハッピーな心地で眠れる今夜です。

週末は2日連続楽しい予定があって嬉しい!月曜は朝イチでハイパー憂鬱な打ち合わせです!がんばろうね。

思い立つ

思い立ってチェストの中身を見直した。ついでに靴箱をざっと見てらまだ捨ててなかった1年以上履いてない靴をいらない服と一緒にゴミ袋に纏めた。少し気持ちがスッキリした。

 

近頃自分が如何に仕事が出来ないか痛感してるんだけど、それは夏に上司たちと話したことに反してる気がして、悔しいし情けないなぁと思う。

がむしゃらに時間をかけて「頑張りました」って言うのは違うじゃん。っていう話。

いつだって何に対しても消極的で、そういう自分のことあんまり好きじゃなくて、それでこのままでいいんだっけ?と改めて思う。

今までのこと、これからのこと、今のこと、この半年くらいは今までよりたくさん考えている気がして、反省やダメなとこもあるんだけど、それを克服出来てないなぁとただ痛感しているだけで、だからそういうところがダメなのでしょうが、と思う。

 

なるべくまいにち、何を考えたのかただ記録したくて、三年日記を始めたいのに、10月始まりの日記を見かけなくて悔しい。

そういう気持ちでワールドワイドウェブに日記を公開してみました。

 

久しぶりにベース薄めのほぼフルメイクで出勤して、会社のトイレで自分の肌にガッカリしたので、スキンケア頑張りたいですね。

皮膚科に行きたいと思ってから、行かないまま1ヶ月以上経ってしまった。そういうとこだぞ!

 

ひるなかの流星/やまもり三香

 

椿町ロンリープラネット 4 (マーガレットコミックス)

椿町ロンリープラネット 4 (マーガレットコミックス)

 

 

 椿町ロンリープラネットの新刊がすごいよくて「やっぱり少女漫画はサイコウもっと読みたい」と思ってたらhontoで10パーオフになってて、さらに20パーオフクーポン持ってたので衝動買い!まさしく!

家から出てないのに漫画衝動買い出来て1分で読み始められるから文明の利器ってマジサイコー人間は天才という気持ちになりましたね。漫画13冊*1買ったのに部屋に物理的にモノ増えないのも電子書籍のいいところ。

 

ひるなかの流星 コミック 1-12巻セット (マーガレットコミックス)

ひるなかの流星 コミック 1-12巻セット (マーガレットコミックス)

 

 圧倒的に先生がすき!でも馬村を当て馬にするなんて許せないどうしよう!って思いながら読んでたから、オチについては先生好きとしては不満だけど、読者としてはとてもとても満足。すずめちゃんだものと思うとそうなるよねって納得するしかないエンド。

なんかこう、圧倒的に高校生が好きだなぁと思います。高校生はやっぱり無敵だよー。ときめくし泣きそうになるし笑っちゃうし微笑ましいし情けないし、そしてみんな愛おしいという気持ちになれる、大満足の少女漫画でした。

ちなみに自分を甘やかしてはならないと思った結果、部屋の片付けをしてからなら読んでヨシということにしたんだけどダラダラし過ぎて片付け終わって読み始めたの深夜一時とか。そこから全部読んだので翌日睡眠時間2時間で朝から活動する羽目になった。自業自得が過ぎるけどツラかった。

 

 

*1:番外編の単行本もセットのやつを買った

Red/島本理生

 

Red

Red

 

 

発売日に買ってたんだけどこの夏ようやくきちんと最後まで読んだ。

1/3くらい読んで苦しくなってやめてたので、また始めから。

誰かとわかりあうことを諦めないで生きることを選べることって、すごく難しいよなぁというようなことを思った。私には選べないやり方だなと思うけど、年甲斐もなく乙女みたいなことを言わせて頂くなら、そんな風に思える相手と知り合うことが出来たらいいな、とは思うよね。